髪質に悩んでいる人

>

乾かす時が重要になる

タオル越しに乾かそう

直接ドライヤーの熱風を当てて、髪の毛を乾かしている人が見られます。
しかしその方法だと熱風によってダメージを与えるので、なるべくドライヤーを離して使ってください。
また髪の毛と熱風の間に、タオルを挟むのが良い方法です。
するとダメージを緩和させられますし、水分をタオルが吸収してくれるので、すばやく髪の毛を乾かすことができます。
髪の毛は、完全に乾かすことを心がけてください。

少しでも水分が残っていると、髪の毛のキューティクルが開いたままになってしまいます。
するとダメージを受けて枝毛になったり切れやすくなったりするので、キューティクルをすばやく閉じましょう。
乾かす際も洗う時と同じで、余計な力は加えないでください。

洗い流さないトリートメントがある

実はトリートメントには、洗い流すものと洗い流さないものがあります。
洗い流さないトリートメントは、乾かす前に使うと良いですね。
すると、熱風によるダメージから髪の毛を守ってくれます。
より髪質を改善したい人は、できれば洗い流さないトリートメントも使ってください。
完全に髪の毛を乾かした後は、仕上げに冷風を当てるのが正しい方法です。

冷風を当てることで、しっかりとキューティクルを閉じることができます。
現在販売されているドライヤーのほとんどには冷風を出す機能があるので、自宅で使っている製品を確認しましょう。
そして乾かし終わったら、丁寧にブラッシングを行ってください。
するとサラサラとして、指通りの良い髪の毛になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る